カテゴリー 《 白川郷 》   全1ページ
このページのリスト
2010.01.16  
  雪の白川郷 ④
2010.01.15  
  雪の白川郷 ③
2010.01.13  
  雪の白川郷 ②
2010.01.11  
  雪の白川郷
2010.01.09  
  雪の国へ

2010.01.16     カテゴリー :   白川郷

雪の白川郷 ④

白川郷ファイナルです。

暖を撮るためにお食事どころで休憩。
喫茶店も開いていたのですが
せっかくだったので風情のあるお店と言うことで(^^ゞ

DPP_00305のコピー

囲炉裏の温かさに癒されました~

韋駄天「この魚ずっとこの状態かな??」

Kei「なんかかわいそう・・・」

韋駄天「熱燗に入れてあげたい・・・」

Kei「・・・・・」

食事は2人とも飛騨特産ほう葉味噌で飛騨牛を焼く定食を注文したのですが・・・
撮影する間もなく食べてしまいました(V)o¥o(V)

再び白川郷の周辺をふらふらと・・・・

集落からはなれても合掌作りは点在しています。

奥の合掌作りは民宿となっています。

DPP_00262のコピー

前回少しお話をしましたが
白川郷をこよなく愛していらっしゃるカメラマンの方と
知りあうことができました。

その方の作品をKeiと2人で
拝見させていただきましたが
白川の四季や文化を見事にとらえられていました。

そして腰より深い雪をかきわけて撮影スポットを教えていただきました。

DPP_00259のコピー

白川郷を愛する人々の間ではよく知られた撮影スポットだそうです。

3つの異なる合掌作りを正面にとらえられる。
ライトアップや季節によって表情が変わるのが
非常に面白いとそのカメラマンの方は笑顔で教えてくれました。

ライトアップの時に撮られた幻想的な画を拝見させていただきました。

あと数か所撮影スポットを教えていただきましたが
時間の都合もあり今回は断念をいたしました。

DPP_00260のコピー

呼吸の音以外しない静寂な世界でした。

深々と降る雪。真っ白な世界。
目の前にはだれも踏みしめていない深い深い雪。

見ず知らずの僕たちに素敵な場所を教えていただいたカメラマンの方に感謝感謝です。

城山展望台の隅にひっそりと・・・・
でもしっかりと集落を見守っているお地蔵様の画で
白川郷を締めくくらせていただきます。

DPP_00281のコピー

また近いうちにKeiと2人で訪れたいです。
今度はカメラを複数台とレンズを持って!!(^^ゞ

次回はKeiが鳥撮りに挑戦したことを!!

飛行機はどこへ行った~~~(V)o¥o(V)





スポンサーサイト

2010.01.15     カテゴリー :   白川郷

雪の白川郷 ③

白川郷の続きです!!

雪は一段と激しく降ってきました~

DPP_00295のコピー


東海北陸自動車道、また東海環状道の開通で白川郷が
ぐんと近くなったのはいいのですが
観光客の大量流入は自然破壊へとつながらないのか??
危惧されるところです。

っていう僕らもその恩恵にあずかっているのですが・・・・

DPP_00300のコピー

正月二日の早朝でしたが観光バスから軽装のお客さんがたくさん訪れていました!!
野外博物館駐車場から川向うの集落群へ人々は向かいます!

次に向かったのは白川郷の集落が一望できる
「城山展望台」です。
除雪が行われている最中で、除雪車を避けながら
また雪の壁に阻まれ車のすれ違いもままならない状態でしたが・・・

展望台到着

DPP_00270のコピー

下界以上に雪深く腰上まで簡単に埋まってしまう積雪でした(^^ゞ
スノーシューが必要ですね(*^_^*)

そして苦難をのりこえて(^^ゞ

開けた先にある風景は~~~~
じゃじゃ~~ん!!

DPP_00264のコピー

よくパンフレット等で載っている白川郷のイメージでしょうか??

Keiとしばしば感動に浸っていました!!

DPP_00275のコピー

12月31日の夜は全ての合掌造りに灯がともり
ライトアップされて綺麗だったそうですよ!

DPP_00284のコピー

下のほうに観光の人々がカラフルな傘をさしています!!

手前の樹氷?にピンを合わせてちょっと遊んでみました(^^ゞ

DPP_00273のコピー

次回は白川郷の最終回。

白川郷をこよなく愛するカメラマンの方と出会い
普通の人ではまず立ち入らない素敵な撮影場所を教えていただきました。
その場所の画をアップする予定です!!



2010.01.13     カテゴリー :   白川郷

雪の白川郷 ②

今日はめちゃめちゃ寒いですね~
愛知でも名古屋はうっすら積雪です。
全国的にも鹿児島も積雪したとか??

白川郷の続きになります!

到着時間が早すぎて温泉以外どこも店舗が開いていません(^^ゞ
朝ごはん食べたいな~なんて言いながら

白川郷の画を雪とたわむれながら撮っていました(*^_^*)

DPP_00247のコピー

飛騨地方のお土産で有名な「さるぼぼ」です。
飛騨弁では、赤ちゃんのことを「ぼぼ」と言い、「さるぼぼ」は「猿の赤ん坊」という意味です。
災いが去る(猿)、家内円(猿)満になるなど、縁起の良い物とされ、お守りとしても使われているんですよ!

DPP_00249のコピー

合掌作りの家屋は一般住宅であったり、民宿として使われたり
また野外博物館として開放されたりと色々なんですよ~

DPP_00250のコピー

DPP_00251のコピー

今日アップする画の建物は白川郷の中でも平地に立っている建物ですが
やはり積雪量が尋常ではなく、車道から離れたところにある
建物には歩道の位置が分からず、なかなか近づけません。

DPP_00252のコピー

近寄って見ると迫力がというか歴史を感じますね!
この建物の維持は大変なんだろうな~とも思いました。

DPP_00253のコピー

お正月の角松も立派です!
季節、行事を大事にする。
日本の古き良き文化がまだここには生きているんですね~!

あと2回ほど白川郷にお付き合いくださいね!

2010.01.11     カテゴリー :   白川郷

雪の白川郷

白川郷について・・・・

前日から車の生活となり
お風呂に入りたいと思っていたら・・・・
朝風呂営業中の温泉宿を発見(*^_^*)

DPP_00235_convert_20100111144926.jpg

その名も「白川郷の湯」!!
立派な角松がお正月の雰囲気です!!

屋根のツララが(^^ゞ
落ちたらって思うとちょっと怖いですね~

お風呂の中の様子はさすがにデジイチを持ち込めないので・・・
携帯での画像です!

深々と降る雪を見ながらの露天風呂は最高でしたね!!

CA390019のコピー

露天風呂からの風景です。

CA390020のコピー

川の音がまたまた素晴らしかったです!

CA390018のコピー

お湯が冷めないように露天風呂には木ふたがしてあります!
温泉質もよく非常に体があたたまりました!!

次回は合掌作りかな??

2010.01.09     カテゴリー :   白川郷

雪の国へ

伊勢詣でも無事に終わりランチタイム・・・・

三重県と言えば松坂!松坂と言えば・・・・牛(*^_^*)

おかげ横丁は人また人ということで
伊勢から松坂へ移動・・・・

しかし元旦ということで名のあるお店は全てお休み・・・

元旦でも開いているお店を携帯で検索して・・
いざランチ!!ステーキはあまりにも高額なお値段のために
ちょっと豪華なスタミナ定食に(^^ゞ
にんにくは使用していないとのこと・・・

DPP_00214のコピー

お味は・・・ん・・・金額の割には・・・ん・・・
お肉が焼きすぎで・・・ん・・・
ちょっと残念でした(>_<)

このまま帰るのもなんかもったいないってことで・・・
①セントレアへ飛行機を見に行く!
②雪を見に北上!

どうせなら元旦日本列島を襲った寒気と遊びましょうということで
雪を見るため北上することに決定!!

高速道路はいたるところで雪の影響で寸断されていましたが
行ける所まで行ってみましょう!

松坂から混んでいる高速を避けて仮眠をとりつつ下道で
航空自衛隊岐阜基地のある岐阜県各務ヶ原まで
三重県から岐阜県に入ったあたりから雪がすごくなってきました。

各務ヶ原から高速に乗り目指すは富山と岐阜の県境にある
世界遺産「白川郷」!!

雪の白川郷が見たくて以前から行きたいね~なんて
話をしていたのですが・・・

DPP_00245のコピー

途中の「ひるがの高原」SAです。この時点で雪はかなりすごくて高速道路も
除雪が全く追いつかない状況でした(^^ゞ

雪道運転大好きな韋駄天は白川へ向けて北上をします。

DPP_00176のkコピー

白川郷まであと10キロの最後のPAエリアで数時間仮眠。
1月2日の朝6時の画です。

一面水墨画の世界です。
車もみるみる雪だるまのようになります。

DPP_00177のKコピー

白川郷到着!!
気温マイナス7℃でした~

積雪は・・・

DPP_00230のコピー

街中でこれくらいありました(^^ゞ

では次回は合掌作りや温泉をアップ予定

そしてあしたは消防出初式ですので携帯でいろいろ撮れたら撮ってきますね!



プロフィール

韋駄天

Author:韋駄天
韋駄天とKeiの
ブログへようこそ!

2人で楽しみながら飛行機や
海、空を撮っていきたいです。

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード