カテゴリー 《 東北 》   全2ページ

2014.11.30     カテゴリー :   東北

福島の秋

8月いっぱいで店を閉店し、
9月はその片付けや後処理に追われ
10月中旬より新しい環境での仕事が始まりました。
11月、父の叙勲の対応に追われていました。

Keiも新しい環境での仕事に疲れがたまり体調を崩すなど
本当に超バタバタな日々を送っていました。

室屋さんのイベントだけは何とか参加していたのですが~
ほとんどデーターはそのままという状態です(滝汗)

ブログもゆっくりですが再開して行きたいと思っています!!
よろしくお願いいたします!!

まずは11月の頭に行われました「室屋義秀ファンミーティング2014」に行ってきたときに
立ち寄った 福島県白河 南湖公園 南湖神社の紅葉の様子です。

DSC_1168.jpg


DSC_1159.jpg


DSC_1173.jpg


静寂の中、美しい紅葉を見ることができました!!

しかし灯篭の倒れたままの場所もあり
震災の爪あとをここでも見ました。

NikonD7000+24-85

次回は丘珠に戻る??(汗)
スポンサーサイト

2013.12.18     カテゴリー :   東北

福島県南相馬~宮城県山元町へ ②

昨日の続きです。

福島県南相馬から海岸線伝いに北上します。

DPP_2721.jpg

防波堤は破壊されたまま・・・・・
韋駄天が撮影した場所も家の基礎部分だけが残っていました。

DPP_2722.jpg

奇跡の1本松。
下調べもなく走っていたら偶然にたどり着きました。
東京から来ていた警察機動隊の方々も見学にいらしていて
少し立ち話をさせていただきました。

希望の松。
しかし周りの風景はあまりにも悲しくて・・・・・

DPP_2725.jpg

宮城県山元町。

この街は岡崎市消防本部ならびに
お世話になっている陸上自衛隊豊川駐屯地第10特科第3大隊が
震災直後に救助に入った街です。
被災地に向かう3大隊の大隊長さんに「一人でも多く・・・・助けて」と
メールしたのをいまでも覚えています。


DPP_2724.jpg

山元町の海岸付近。ススキとセイタカアワダチソウしかありませんでした。
イチゴの産地だったのでしょうか??本来ならこの土地にはたくさんのビニールハウスが並び
イチゴ狩りのシーズンには多くの人々の笑顔があったのでしょうが・・・・
いまは誰もいない荒野に・・・・・

震災からもうすぐ3年になろうというのに何も進んでいない現状を見ることができました。

仙台空港も周辺はまだまだ復興ができていません。

DPP_2728.jpg

仙台の街の灯りを背に「八重の桜」塗装のANAが東京に向けて離陸します。

DPP_2726.jpg

一日でいろいろなものを見た韋駄天。
Keiが待っているセントレアに向けて離陸します。

また来ます。必ず。そう思った今年4回目の福島でした。

2013.12.17     カテゴリー :   東北

福島県南相馬~宮城県山元町へ

10月にあった室屋さんのイベント。

福島県南相馬市小高区復興文化祭2013に行ってきたときの画になります。

本来なら土曜日のイベントで韋駄天的には参戦不可能なイベントだったのですが
台風の影響でイベントの延期が決まったのが二日前・・・・・


愛知から南相馬に行くには震災前でしたら
東京を抜け三郷JCTより常磐道。そのまま北上して小名浜を抜ければすぐ・・・・・

しかし今は福島第一原発の影響のため国道6号ならびに常磐道は通行止め。
東北道二本松より山越えをして南相馬に入るしか道がありません。

韋駄天はちょうどギックリ腰が治りかけ 
しかし激しい痛みで、長時間同じ姿勢をとっていることが難しく
Drより大きなレンズを持っての撮影なんて言語道断と言われるくらい
身体ボロボロでした(^^ゞ

いつも一緒に撮影そして助けてもらってるKeiもすでに予定が入っていたので
行くなら一人。かなりの強行軍。身体が悲鳴をあげるのでは??
金曜日一日迷い続けました・・・・・

でもこの地で飛ぶ室屋さんをどうしても見たいということで
仙台まで空路チケットを確保。

運転もかなり厳しい状況だったので
セントレアまでKeiに送ってもらい

DPP_2715.jpg

初のボンバルディア(^^ゞ

仙台からレンタカーで南相馬を目指しました。

仙台から南相馬までは車で1時間30分ほど。
薬剤師の指導?でありえない量の痛み止めを服用して現地へ

DPP_2717.jpg


避難指示解除準備区域 インフラ整備もままならない状況下。
でも多くの人々がこの街の復活を願って祭りを計画されたそうです。

この画の商店街は国道6号線ならびにJR常磐線の線路より内陸にあります。

室屋さんのエアロバティック飛行はこの商店街から車で5分ほど海側へ出た
この場所で行われました。

DPP_2719.jpg

多くの人々が空を見上げ
飛ぶ室屋さんに笑顔で手を振り歓声を上げる姿に
胸がいっぱいになりました。

フライトの様子はまた後日ゆっくりアップします。

フライト終了後ふくしまスカイパークへ行く?ことも考えましたが
身体に爆弾を抱えた状態でただですら無理をしてる状況下
これ以上の無理はさすがに・・・・と自重・・・・・

国道を通らずなるべく海岸線の道を通りながら
ゆっくり仙台空港を目指します。

DPP_2718.jpg


DPP_2720.jpg


DPP_2727.jpg

震災から止まった時計は動いていませんでした・・・・・

もう一回東北の現状を写した画をアップします。

2013.10.22     カテゴリー :   東北

ふらっと秋田へ

秋田へお出かけした最大の目的はブログでお世話になってる
方々の写真展を拝見しに・・・・・・

SLを撮り終わった後レンタカーで秋田市内へ向かいます。
道も整備され電線も地中化工事が進んでいて
とても洗練された街って印象でした(*^_^*)

道に迷いながらも写真展会場に到着(*^_^*)


小澤康子さん

DPP_2430.jpg

月明かりで撮るモノクロの画に衝撃を受けましたね~
韋駄天もいつか琵琶湖・湖北の白鳥を満月の夜に撮影したいと思い
2年が過ぎてしまいました(^^ゞ

こんな風に撮れたらうれしいな~とても勉強になりました(*^_^*)


hartayさん

DPP_2429.jpg

ご家族の心温まるポートレートを中心に。
失いかけた日本の素晴らしい風景を思い出させてくれる画
息子さんたちの元気な姿、生き生きとした眼差し。
ポートレートもこれから撮っていきたいな~と思いました(*^_^*)


そしてこの方の画を見に、そしてこの方に会いに・・・・・

23さん

DPP_2427.jpg

お会いできてよかったです(*^_^*)
つきることのないいろいろな話・・・・
画の力、そして妥協のないプリント技術。
本当にいろいろ勉強させていただきました<(_ _)>

時間はあっという間に過ぎてしまいました。

ランチをしに駅前、そしてちょっと海岸通りをドライブ

DPP_2415.jpg

DPP_2418.jpg


次回はゆっくり前泊で・・・・・美味しいお酒ときりたんぽを食べながら・・・・・
皆さんと楽しい時間を過ごせたらうれしいな(*^_^*)

次回は・・・未定(^^ゞ まだ福島終わってないですよね(^_^;)

2013.10.21     カテゴリー :   東北

秋田こまち

秋田こまちと書きましたが名産のお米ではありません(^^ゞ

ブログでお世話になっている23さんから教えていただきました~
「SL 秋田こまち」 
空港についてレンタカー借りて線路伝いに内陸方面へ。

正直全く土地勘も下調べもなく一発勝負・・・・(^^ゞ

韋駄天 7D+300/2.8 SS1/10
Kei 1DX+70-300 

DPP_2431.jpg

DPP_2407.jpg

DPP_2406.jpg

DPP_2408.jpg

大井川鉄道よりゆっくり走行でした・・・数分後に秋田新幹線「こまち」が・・・・・
もう少し内陸に走ればコラボれたかな??

撮影する人も少なくのんびりと撮影ができました(*^^)v

次回もう一回秋田です。


プロフィール

韋駄天

Author:韋駄天
韋駄天とKeiの
ブログへようこそ!

2人で楽しみながら飛行機や
海、空を撮っていきたいです。

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード