--.--.--     カテゴリー :   スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.27     カテゴリー :   京都 秋

ふらっと京都 夏場は川床が有名?義経の故郷 貴船

南禅寺をあとに北上します。

当初の予定では叡山電鉄始発駅”出町柳”に車をおいて
電車に乗って現地に入る予定だったのですが
便利な駐車場がない・・・・
ってことでゴロニャー号で北上開始!
目指すは二之瀬駅・・・・・

二之瀬に到着前に叡山鉄道最大の見せ場「紅葉トンネル」を発見。

撮ってみるもあまりの暗さに・・・・

DPP_01817.jpg

上手く撮れませんね・・・・

紅葉をライトアップして
電車内の灯を落として紅葉を楽しんでもらう企画です。

セッティングを間違えて長時間シャッターを開けてしまったら
電車がワープしてしまいました(爆)

DPP_01810.jpg

あまり粘らず次へ移動・・・・

出町柳から20分足らずで二之瀬に到着するも
山の急斜面に立てられた駅
川の流れと山に阻まれ車一台置けるスペースもない駅です。

そのまま一駅北上。貴船に向かいます。
義経の故郷である鞍馬山にある貴船神社、
夏場は涼をもとめて川の上に座敷をもうけ
涼しげに料理が堪能できる川床料理が有名です。

貴船駅から少し離れた貴船神社入口に車を止めました。

駅までの足元を照らす灯も紅葉です(*^_^*)

DPP_01821.jpg

竹の下部を紅葉模様に切り取りその中に本物の紅葉をという
ちょっとおしゃれな演出でした。

そして貴船から一駅上り二之瀬を目指すのですが
貴船駅もまた素晴らしい紅葉です。

DPP_01812.jpg

Keiは縦位置で狙います。

DPP_01820.jpg

DPP_01814.jpg

DPP_01833.jpg

DPP_01834.jpg


そして紅葉列車「きらら」

DPP_01822.jpg

DPP_01832.jpg

鉄撮りは本当に難しいですね~

線路のあるなしで画が本当に変わってしまいます。
特に真っ暗闇での撮り方などお指導いただけるとうれしいです~~

次回は 今回のメインイベントの二之瀬駅の紅葉です。

おまけ~(^^ゞ

京都へ行くともう一つの楽しみが食事です。
今回は昨年秋にはじめていった和ダイニング ゆず家さんに行きました。

DPP_01827.jpg

お店は三条御幸町。韋駄天が20年ほど前に住んでいたマンションの近くにあります。
落ち着いた雰囲気で、京の物をふんだんに使って出される創作料理は
なかなかのものです(*^_^*)

お値段もリーズナブルで居酒屋感覚で入れるおしゃれなお店です。
お近くに行かれましたらぜひ立ち寄ってみてください!
スポンサーサイト
スパム防止のため承認制にしています







トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
貴船の川床料理、懐かしいです。もうかなりまえになりますが、一度だけ経験したことがあります。感想は『こんなもんか・・・』でしたが(笑)京都市内に比べるとかなり涼しかったようです。
動かなきゃなんとかなりますが、電車も航空機も難しすぎます。手も足もでません。
さすが、京都の紅葉は違いますね。なかなか行けないのが残念です。
こんばんは♪
貴船の川床料理、私も懐かしいです^-^
もうずいぶん前ですが、2~3度味わったことがあります。
紅葉のライトアップと電車のコラボも素晴らしいですね♪
京都の紅葉は格別ですね^-^
どれも良く撮れてますよ!
とくに貴船駅の写真の横位置写真は構図のお手本みたいな一枚です。
縦位置の方は曲線を描いたホームが綺麗に光っているので、これを生かして撮ったら色んな作品が生まれるかも!
一番上の写真は、レンズが逆光に弱かったですね。
来年はニコンのボディにナノクリレンズそろえて再チャレンジですね(笑)。
こんばんは
ライトアップ、良いですねぇ。
キララがモミジに溶けてしまいしょうな感じです。

しかし、あちこち移動されていますね。びっくりです。
こんな見事な紅葉のなかを走る電車、いいですねえ。
車内から動画を撮ってもまたきれいなんだろうなあ。
紅葉と電車のコラボ、またまたすばらしいですね。
縦位置写真と横位置写真、どちらもすばらしくて・・・、
しかも同時に見れるなんて、まるでカメラ雑誌の特集みたい。
いやぁ、うっとりします(^^)
京都の紅葉は美しくて眩暈がするほどですね^^
目くるめく快感の世界^^
列車とのコラボも素晴らしいです!!

僕の京都の画は今夜あたり第一弾をアップします^^
韋駄天さん
京都は見ごろだったですか、
私は24日に宮島に行ってきましたが、もう遅かったです。
南禅寺や貴船駅の燃えるような紅葉は見れませんでした。
京都の方が遅いんですね。

カフェの庭園はセンスある画ですね。
カメラ片手に二人で古都の散策。
足を止めてじっくりとアングルを決める。
優しい時間が流れる、情緒ある画ですね。

一方私は・・・
写真を撮っていようものなら、先に行かれ、
サッサッと撮って、「コラ~ァ、待たんかァ~」
いや~、なんとも。
貴船駅の横位置v-34が見事に魅せてくれますね~v-10

関東にライトアップ紅葉と鉄道なんて撮れるところあんのかなぁ・・・・・知らない・・・

v-271和ダイニング ゆず家さん

素敵ですね~美味しそうだし・・
あ~食べてみたいv-10

グルグルv-341お腹サウンドが絶好調です(笑)
京都に行きたくなりました。
こんなにも紅葉が綺麗なんですね~!!
韋駄天さん&keiさんのお写真も素晴らしい!!

撮影スキルもですが…レタッチの腕も上げましたね♪
見違えるように見易くなりましたよ。(^^)
私が使用している24インチモニターでは、画像サイズも丁度良いです。(^^)

コメントありがとうございます(*^_^*)

川床は韋駄天もKeiも通るだけで
食したことはないんですよ~
貴船の気温はは京都市内に比べたら
3度以上は違うかな??
だいぶ涼しいですよね~

今度は冬の鞍馬にチャレンジしたい
とひそかに思ってる韋駄天です(^^ゞ
コメントありがとうございます(*^_^*)

ありゃデイジーさんも川床
経験済みでしたか~(^^ゞ

京都の紅葉はライトアップも計算されているので
けっこう綺麗に見せる工夫が
されているようですよ(*^_^*)
叡山電鉄の偉いさんのお話(^^ゞ
コメントありがとうございます(*^_^*)

お誉めいただき感激です(*^_^*)
単体でもまともに撮れない
のに2つの被写体をコラボさせる
なんて考えたら無謀ですよね(^^ゞ

ニコンのセットを買ってくれ~と
隣から言われそうでびくびくしてます(^^ゞ

コメントありがとうございます(*^_^*)

実を言うと叡山電鉄「二之瀬駅」を目的にしたのは
週刊現代にこの駅の紅葉の写真が掲載されているのを見て
どうしても行きたくなりました。

京都までは行けるのですが・・
伊丹が遠いんですよね(@_@;)
コメントありがとうございます(*^_^*)

紅葉トンネル区間では
車内電灯は暗く速度も
徒歩スピードまで減速してくれる
らしいので動画もしっかり撮れますよ!たぶん(^^ゞ

来年動画チャレンジしてみようかな??出来るかな??
コメントありがとうございます(*^_^*)

お誉めいただき感激です(*^_^*)
関西のJR&私鉄はいろいろあって楽しいですね(*^_^*)
須磨あたりで海とからめたいとも思ってしまいます(*^_^*)

またいろいろご指導くださいね(*^_^*)
コメントありがとうございます(*^_^*)

土佐けんさんも京都お疲れさまでした~
始発での京都だとさぞ寒かったんじゃないですか??

秋が終わり冬の京都もおしゃれですよね~
雪化粧したら走っていきたいです!
コメントありがとうございます(*^_^*)

優しい時間かな??
南禅寺ではお互い撮るのに夢中で
暗くなりお互いの居場所が分からず携帯で呼び合いましたし、

貴船では韋駄天は早く電車との紅葉が撮りたく駐車場から駅まで一目散。
Keiは川沿いの紅葉を撮りながらでまたまたはぐれる・・・

と珍道中でしたよ(*^_^*)

京都でも北部を狙ったので
まだ紅葉は大丈夫でした。
南部の醍醐寺などはすでに
見頃を過ぎていたかもしれませんね~
コメントありがとうございます(*^_^*)

釜飯師匠にお誉めいただき
お恥ずかしい限りです(*^_^*)

貴船駅は完全ノーマークでした
駅についてこれだけの紅葉が
せり出しているのにびっくりしました。

叡山電鉄の広報のお偉いさんいわく、
「ホームのどの位置から見ても
綺麗に見えるようにライトを設置しています。
逆に線路外からは綺麗に見えません。
ぜひ電車に乗ってくださいということです。」
だそうです(*^_^*)

ちょうどホームの下で三脚を立ててる人を見ながらのお話でした(*^_^*)

ゆず家絶品でしたよ!!
釜飯さんの線路沿いの美味しい
お店特集も期待してますよ(*^_^*)
コメントありがとうございます(*^_^*)

レタッチに関してはゆっきーさんの御指導によりです。
画の保存方法が根本的に
違っていました。

もっともっとレタッチについては
しっかり勉強しないとです。
せっかくの素材を殺してしまっては
もったいないですからね(^^ゞ




プロフィール

韋駄天

Author:韋駄天
韋駄天とKeiの
ブログへようこそ!

2人で楽しみながら飛行機や
海、空を撮っていきたいです。

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。