2011.12.26     カテゴリー :   夜景

Nippon Challenge America's Cup

世界最高峰のヨットレース
アメリカスカップをご存知でしょうか??

1851年より今もなお続いている
造船技術をはじめ流体力学等の技術力、経済力をなど国の威信をかけた
国別対抗のヨットレースです。

日本ではあまりなじみはないのですが
1992年 1995年 2000年と3回ほど出場しています。
チーム名「ニッポン チャレンジ」
3回の大会とも予選準決勝で敗退という残念な結果でした。

ベースキャンプ地は韋駄天達の住んでいる岡崎の隣 蒲郡市

1992年最初のアメリカスカップで戦ったヨット
JPN-3(一号艇)が蒲郡駅前でライトアップされています。

_DSC3777.jpg

12月23日 2人でクリスマスディナーに行く前に撮りに行ってきました。
D7000 手持ちです(*^_^*)

ニッポンチャレンジ3回目の挑戦=2000年の大会。
スキッパーにピーター・ギルモアという世界的ヨットマンを起用して
予選突破をめざしました。

ここで日本の技術力の全てを結集して造られたヨットが2艇

JPN-44=通称「阿修羅」
JPN-52=通称「韋駄天」

少し海をかじってヨットにあこがれ
ニッポンチャレンジの市民スポンサーをしていた私
HNはこの韋駄天号からいただきました(*^_^*)

アメリカスカップのために造られたヨットは全部で7艇あります。

1992年大会

JPN-3 蒲郡駅前展示(上記写真)

JPN-6 蒲郡アメリカスカップベースキャンプ地展示

JPN-26 蒲郡市海のテーマパーク「ラグナシア」で展示


1995年大会

JPN-30 所在不明

JPN-41 ニュージランドへ売却


2000年大会

JPN-44=通称「阿修羅」 イギリスに売却

JPN-52=通称「韋駄天」 韋駄天(JPN52)も来ました!


進水式の様子も見つけました(*^_^*)



このクルーの着用してるポロシャツなどほぼ今でも全部持ってますヽ(^o^)丿

ずっと撮りたいと思っていた自分自身?を撮れて幸せな夜でした(*^_^*)






スポンサーサイト
スパム防止のため承認制にしています







トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
白い船体に当たる青白いライトが美しいですね。
船体自体の流線美・・・・風を受け波を切って走る様子が
浮かんできます。
JPN-52=通称「韋駄天」・・・なるほどそこから来たんですね。納得。
そうなんですか!HNは、ここから来たんですか?興味ありました。
それにしても、空の事も詳しいし、海の事も詳しい!素晴らしいです。ポチ!
こんばんは!
最近、このアメリカズカップのニュースを聞きませんが、私も昔、興味があってよくニュースを見ていました。

ライトアップがきれいですね。

韋駄天さんのハンドルネームの由来だったのですね。

手撮りでイルミ撮影ですか!
美しい情景ですね~~
僕は夜といえば三脚ですから、これからは
手撮りでも美しく撮れるように練習します^^
ごめんなさい、飛行機もヨットも詳しくないです(^^;
昔の車のことなら少しは解りますけどw
こんばんは・
ブルーライトがとっても綺麗!!
手持ちでライトアップが撮れると良いですね。

HNの由来がよ~く解りました。
なるほどそういうことだったんですか。
私ヨットも飛行機の事も詳しい事はさっぱり解らないんですよ
ごめんなさいね。
韋駄天さんはヨットもやられるんですか、趣味が広いですね。僕はまったくの無趣味でカメラをやり始めたのが、趣味の一つになったら将来が楽しくなるかなというくらいです。(俊介)

まさか、ヨットからとは思いませんでした~。ただの走り屋なんて、失礼なこと考えていました。ごめんなさい。スポンサーにもなってらっしゃるんですね。日本ではまだまだマイナーな競技ですね。(りょうこ)
こんにちは。
イルミネーション、とっても綺麗ですね(*^_^*)
結局僕はどこにも取りに行けませんでした(^_^;)

韋駄天さんのハンドルネームはここからきていたんですね!
「海と空」どちらにもお詳しいんですね~^^
素晴らしいです!

今日から山籠もりのため、今回が今年最後のコメになると思われます。
今年は浜松航空祭でお会いできて、とてもうれしかったです^^
来年は航空祭には行けないと思いますが、blogのほうでは来年も
またよろしくお願いします。
それでは、少し早いですが、よいお年をお迎えくださいm(__)m
D7000いい仕事してますね^^
韋駄天って車ではなく、ヨットからだったんですね。
以前乗ってた車も韋駄天という愛称でした^^
http://www.youtube.com/watch?v=1ybZLeIHnJ0&feature=related
1月の連休は無理かあ・・・(〃ゝω')b了解
韋駄天さんのHNの由来はヨットでしたか(・∀・)
アメリカスカップは何となく(^^;知っています。
海をかじっておられたと言うことは、ヨットもやっておられたのですか?
オイラも同じく走り屋だととばっかりに思っていましたがヨットから付けられたHNだったのですね。

地上のイルミネーションは海をイメージして青なんでしょうね。
ヨットではなく大海原を行く鯨のようにも見えたのはオイラだけ?
青白い照明が幻想的でいいですね。
Nipponの文字と日の丸がとても誇らしげに感じます。

韋駄天さんの由来、私もてっきり自動車から…と思ってました。
ブログタイトルの「海と空」にも納得です(^^)
nogtomoさん
コメンありがとうございます(*^_^*)

まだインターネットが普及したての頃
経過中継をモニターで見ながら
大騒ぎをしていたこともありました(*^_^*)

ヨットは本当に綺麗ですよヽ(^o^)丿
笠ぽんさん
コメントありがとうございます(*^_^*)

空は自衛隊機だけですので
あまり詳しくはありませんよ~
民間機はあまり見わけがつかないです(爆)
おいどんさん
コメントありがとうございます(*^_^*)

たしかに最近まったく報道されなくなりましたね~
最近はヨットのカテゴリーが変わり
資金力の戦いの様相が寄り濃厚になり
おもしろくないようです。

土佐けんさん
コメントありがとうございます(*^_^*)

簡易の三脚は常時車に積んであるんですが
ついつい手持ちで撮ってしまいます(^^ゞ

韋駄天も飛行機で詳しいのは戦闘機だけですよ(^^ゞ
グランマさん
コメントありがとうございます(*^_^*)

エントリーモデルで常用感度がISO6400
すごい時代になったもんです(*^_^*)
ニコンD4やキャノン1DXはもっとすごいんですから
撮影スタイルが根本的に変わってしまうかもしれませんね!
俊介さん
コメントありがとうございます(*^_^*)

カメラをはじめたのは高校からでした~~
海は大学の講義をサボっては
いつも潜ってました(*^_^*)
最近は見るの専門です(@_@;)

りょうこさん
コメントありがとうございます(*^_^*)

ヨットといっても大型の操船はしたことないですよ(^^ゞ
競技ヨットの入門クラスを少々程度です。
日本は島国ですのでもっとメジャーになって
良さそうなんですが・・・・
くろろさん
コメントありがとうございます(*^_^*)

浜松でお会いできて
本当にうれしかったです(*^_^*)
来年は本当に大変な一年になると
思うけど、楽しんで勉強して
そして未来への一歩を踏み出していってほしいな!!

また来年もよろしくお願いします(*^^)v
サーフさん
コメントありがとうございます(*^_^*)

D7000いい仕事します(*^_^*)
触っていて本当に楽しいカメラですね!
民間機レベルなら十分これ一台でOKです(^^ゞ
軽さフットワークの良さはピカイチですね(#^.^#)

かっとびスターレット懐かしいです!!
韋駄天でしたね(^^ゞ
J.Seagull さん
コメントありがとうございます(*^_^*)

ヨットは競技用の入門ディンギーを少々やってました。
アメリカズカップクラスは乗ったことしかありません(^^ゞ
あとはダイバーでした。
波乗り系はやってないです(^^ゞ
岬めぐりさん
コメントありがとうございます(*^_^*)

やはり帆は張ってほしいですよね~
ヨットだ~~と言えば分かりますが
全く知らない人が見たら・・・・ん??
ってなりますよね!!

海を泳ぐシロナガスクジラ~!!
雄大なイメージですヽ(^o^)丿
T.Mond さん
コメントありがとうございます(*^_^*)

ニッポンチャレンジのロゴは本当に
かっこよく誇らしげで
このマークの書いてあるグッズは片っ端から購入した
記憶が・・・・・(@_@;)
景気の良い時代でした(爆)

海の競技の画も撮ってみたくなりました(*^_^*)




プロフィール

韋駄天

Author:韋駄天
韋駄天とKeiの
ブログへようこそ!

2人で楽しみながら飛行機や
海、空を撮っていきたいです。

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード