2013.12.18     カテゴリー :   東北

福島県南相馬~宮城県山元町へ ②

昨日の続きです。

福島県南相馬から海岸線伝いに北上します。

DPP_2721.jpg

防波堤は破壊されたまま・・・・・
韋駄天が撮影した場所も家の基礎部分だけが残っていました。

DPP_2722.jpg

奇跡の1本松。
下調べもなく走っていたら偶然にたどり着きました。
東京から来ていた警察機動隊の方々も見学にいらしていて
少し立ち話をさせていただきました。

希望の松。
しかし周りの風景はあまりにも悲しくて・・・・・

DPP_2725.jpg

宮城県山元町。

この街は岡崎市消防本部ならびに
お世話になっている陸上自衛隊豊川駐屯地第10特科第3大隊が
震災直後に救助に入った街です。
被災地に向かう3大隊の大隊長さんに「一人でも多く・・・・助けて」と
メールしたのをいまでも覚えています。


DPP_2724.jpg

山元町の海岸付近。ススキとセイタカアワダチソウしかありませんでした。
イチゴの産地だったのでしょうか??本来ならこの土地にはたくさんのビニールハウスが並び
イチゴ狩りのシーズンには多くの人々の笑顔があったのでしょうが・・・・
いまは誰もいない荒野に・・・・・

震災からもうすぐ3年になろうというのに何も進んでいない現状を見ることができました。

仙台空港も周辺はまだまだ復興ができていません。

DPP_2728.jpg

仙台の街の灯りを背に「八重の桜」塗装のANAが東京に向けて離陸します。

DPP_2726.jpg

一日でいろいろなものを見た韋駄天。
Keiが待っているセントレアに向けて離陸します。

また来ます。必ず。そう思った今年4回目の福島でした。
スポンサーサイト
スパム防止のため承認制にしています







こうして見せて頂くと、復興はまだまだ
先が遠いですね・・・
痛ましい風景に心が締め付けられるようです。
政府ももっと力を入れて、早い復興を
はかって欲しいものです!!
東松島市の野蒜もそうでしたが、まったく復興が進まない場所というのはいまだに残っているんですよね。
こればっかりは現地に行ってみないとわからない。だからこそ、報道などはきちんとやるべきなんですけどね・・・
ひどい状態ですね・・・なんだか忘れられているように感じます。
ススキとセイタカアワダチソウだけとは。
政府も、もう半分以上諦めているようにしか見えませんが・・・。
やはり一度帰ってこようと思いました。
ANAありがとうございます!
前回、今回の記事については言葉がありません。。。
まだまだ復興が程遠いところも多いことを忘れてはいけませんね。
私が写真洗浄ボランティアしていたのは
宮城県山元町の被災写真でした。
こういう所だったんですね。

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントありがとうございます(*^_^*)

まだまだ本当に先は長いと思います。
忘れずみんなで少しずつ。

政府も本気でいろいと考えないと
すぐに次の震災が・・・・・
コメントありがとうございます(*^_^*)

東松島も陸前高田もそして南相馬も・・・・・
多くの方に現地を訪れそして
現地の方と話をして
現地で泊ってくる。

報道も考えものですね~~!!
コメントありがとうございます(*^_^*)

忘れ去られているというか
忘れれしまいたいみたいな政府対応に
憤りを感じざるを得ません・・・・

最近はANAばっかり乗ってますよ(*^^)v
コメントありがとうございます(*^_^*)

宇都宮から3時間ほど走るとこの景色・・・・
本当に言葉をなくします。
コメントありがとうございます(*^_^*)

岡崎市の消防本部ならびに
お世話になっている自衛隊の方々が救助に
入られた街です。

津波の影響が大きくなかなか復興には
時間を要しそうです。
コメントありがとうございます(*^_^*)

わざわざのご連絡ありがとうございます!!
今後ともよろしくお願いいたします!!




プロフィール

韋駄天

Author:韋駄天
韋駄天とKeiの
ブログへようこそ!

2人で楽しみながら飛行機や
海、空を撮っていきたいです。

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード